保育士採用 > 保育士の採用について > 保育士採用試験 ピアノ

保育士採用試験 ピアノ


保育士として安定的に生活を送るには?

保育士という仕事は、自分で自分の世話をする事がままならない人間を相手にした職業ですので、「責任感」や「使命感」といった倫理に基づく感性が非常に重要になってきます。
「ただなんとなく」と言った感覚では従事し続ける事が困難な職業が保育士という仕事なのですが、「責任感」や「使命感」を強く持っている人でも、実際の保育士の現場の過酷さと賃金の安さに仕方なく転職を決意する人も後を絶ちません。

保育士として安定した生活を送るには、市区町村などの自治体が運営している「公立保育所」での勤務が良いです。
この「公立保育所」で働くには、保育士採用試験に合格する事が条件となっています。

保育士採用試験での実技試験

保育士採用試験というのは、「公立保育所」で働く場合にのみ受験する必要がある試験の事です。
この保育士採用試験は1次試験と2次試験の2つがあり、2次試験では面接の他に、保育士に必要な技能の1つである『ピアノ』の試験が設けられている場合もあります。

ピアノの実技試験は全ての保育士採用試験で行われているわけではありませんが、多くの自治体で採用している試験です。
例え試験に無くとも、実際に保育士として保育園などで勤務するようになると、保育士はピアノを弾く必要性に迫られるので、ピアノの技術は身に付けておいた方が無難と言えます。

課題とされるピアノ曲はどの程度のものなの?

保育士に必要とされるピアノの腕前は、プロのピアニストのような演奏力ではないので、それほど高度な技術を要求されるわけではないので安心です。
保育士採用試験で課題とされるピアノ曲も、『バイエル』というピアノ初級本にある曲といくつかの童謡なので、それほど難しいものではないです。
ただし、童謡のピアノ試験は伴奏を弾くだけでなく“弾き歌い”となる事が多いので、ピアノは弾きながら歌えるように訓練しておくと良いです。

保育士の求人サイト ほいく畑

保育士・幼稚園教諭の求人探しならほいく畑。
保育士・幼稚園教諭の求人情報を多数掲載し、千人のキャリアコンサルタントが保育士・幼稚園教諭での派遣就業や正職員での就業をサポートします。

保育士の採用について

公立保育士の採用について

保育士資格講座の口コミ・評判

私立保育士の採用について